遮熱について

夏は涼しく冬は暖かい 1年中快適な家づくりの基本は断熱と気密と遮熱にあります。
高断熱性+高気密性+遮熱の家づくりは省エネ効果が高く冷暖房費の削減にもつながります。

断熱性・遮熱性

ナチュラルクラフトホームでは床、壁、天井の断熱材の種類や厚みなどきめ細かく対応した仕様を設定し高い断熱性・気密性を実現しています。

優れた断熱性能を誇る省エネの住まいは冷暖房エネルギーの抑制にもつながりランニングコストも抑えられます。

光熱費を節約できるだけでなく、地球の貴重なエネルギー資源を無駄にしない暮らしができる住まいです。

断熱材

ナチュラルクラフトホームでは断熱材は「セルロースファイバー」を推奨しています。

セルローズファイバーをご存知ですか

セルロースファイバーは新聞紙の故紙からリサイクル生産される環境配慮型断熱材です。

様々な太さの繊維が絡み合い空気の層をつくります。
そしてその1本1本の繊維の中にも自然の空気胞が存在しています。
この空気の存在がよりいっそう熱や音を伝えにくくし、さらに、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保ちます。

セルロースファイバーは、調湿性能・断熱・防音・難燃・防虫に非常に優れた断熱材です。

ホルムアルデヒド・VOC(揮発性有機化合物)の放散試験において無垢の木材と同様の対象外でF☆☆☆☆以上の安全性が認められています。
(建材試験センターより)

ナチュラルクラフトホームではもっとも熱の出入りが多い窓などの開口部には内外樹脂製サッシを標準で使用しております。
ガラスはご予算に合わせてトリプルガラス(ダブルLow-E)、ペアガラス(Low-E)、樹脂スペーサー仕様をお選びいただけます。

Low-Eガラスとは

ガラスの表面に特殊なコーティング処理(金属およびその酸化物等で構成された非常に薄い膜)をし、熱の伝達をしにくくする働きをするガラスのことで、さらに2枚のガラスで挟まれる中空層に熱伝導を抑えるアルゴンガスを充填しています。

アルゴンガスは、不活性ガスで空気よりも重く、複層ガラスの内部で対流が起きるのを防ぎ、断熱効果を高める効果があります。
夏の強い日差しはカットして冬は暖かいままなので夏冬の節電にも絶大な効果を発揮します。

透湿・防水

長く暮らせる住宅をつくるのに重要なことは熱対策(快適な暮らしを送るため)と、湿気・防水対策(長持ちさせるため)です。

ナチュラルクラフトホームでは省エネと暑さ対策のために、透湿・防水・遮熱シート『デュポン タイベック シルバー』を採用しております。

デュポン タイベック シルバーとは、不織布の繊維にアルミを蒸着し、その上に劣化を防ぐ樹脂をコーティングしたシートで、夏の暑さの原因にもなる輻射熱が室内に放射される前に熱をはね返す機能を持ち快適な室内環境に貢献します。

高断熱・高気密住宅の特徴

ナチュクラのこだわり③ 冬暖かく夏涼しい家

断熱性能が低い家と比べると熱の流入・流出を防ぎ、暖冷房にかかるエネルギーを大幅に削減し省エネにつながります。
また、家全体の温度差が少なく結露やカビ・ダニの発生を抑え、住宅そのものの寿命を延ばすことができます。
(図:東北電力提供)