住宅にとって大切なことは、安全性と快適性だとナチュラルクラフトホームは考えます。
デザインや価格を追求した結果、安全性・快適性が損なわれてしまうのであれば何の意味もありません。

木造軸組工法

ナチュクラのこだわり④ 高耐久・高耐震住宅

ナチュラルクラフトホームでは、木造軸組工法(在来工法)を採用しております。
日本で昔から行われてきた柱や梁などの軸で支える工法のことで日本の気候・風土に最適な工法として今日まで受け継がれています。
木造軸組工法は、耐久性・安全性にすぐれ、地震や災害に強く、さらに住む人の自由な設計プランを可能にするなど多くの特長があります。

鉄筋コンクリートベタ基礎

ナチュクラのこだわり④ 高耐久・高耐震住宅

ナチュラルクラフトホームが採用しているベタ基礎は構造的にも強く不同沈下に対して効果的で防湿にも有効です。
住宅の基礎は建物の強度や耐震性に大きく影響を及ぼします。
住宅建築の計画をするときはまず地盤調査を行って地耐力と地質を確認し必要であれば地盤改良を行います。

耐震等級3相当の構造

ナチュラルクラフトホームは筋交い+耐震パネル(アセダス耐震ボード厚12)を標準で採用しております。
根太レス工法による床剛性(地震や台風時に発生する水平力に対して強い)と合わせて数十年後を見据えた地震に強い家づくりを行っております。

高い通気性の換気工法

基礎内の床下換気を確保するために基礎パッキング工法を用いています。
基礎パッキング工法とは、通気性を持つパッキング材を基礎と土台の間に挟むことで高い通気性を確保し、被害を未然に防ぎ、建物の耐久性や建材のもつ性能を十分に発揮させます。

基礎パッキング工法による床下全周換気は従来の床下換気口を確保する工法に比べ1.5~2倍の換気性能を実現します。
土台の腐れを防ぐとともにシロアリを寄せ付けにくくなり、完璧な換気効果を保ち換気口を設けないため基礎にクラックが入るのを防ぎます。

木材

ナチュクラのこだわり④ 高耐久・高耐震住宅

ナチュラルクラフトホームは木にこだわります。
含水率20%以下の乾燥無垢材を使用しています。
木材に含まれる水分の割合を示すものが含水率です。
寸法の縮みや、曲がりや反りなどの発生を防ぐためには、十分乾燥させた木材を使用することが重要です。

無垢乾燥材(含水率20%以下)の利点

  1. 乾燥収縮に伴う狂いや割れが少ない
  2. カビ・腐朽菌の発生を防げる
  3. 強度が強くなる
  4. 重量が軽くなる
  5. 加工性が高くなる
  6. シロアリが住めなくなる

ナチュラルクラフトホームは、
栃木県の県産材を積極的に使用しております。

シロアリ対策

ナチュラルクラフトホームの土台にはカビやダニが発生しにくく、シロアリを寄せ付けない無垢のヒノキ材を使用しています。
また、城東テクノ株式会社様の『Jotoキソパッキング通気工法』を採用し、保証制度「シロアリ保証1000」を導入しております。